京都タワーサンドで見つけた【京あめ クロッシェ】のかわいい飴

こんにちは、いどです。

京都タワーサンドをぶらぶらしていて見つけた 「京あめ Crochet(クロッシェ)」 というお店の飴。

カラフルでかわいくて、思わずひとつ購入してしまいました!

味の感想

かわいい見た目、おいしそうな味、オシャレな名前。

気になるものはいくつもありましたが、今回は 「秋のシャンゼリゼ」 という名前の飴を選びました。

白地にオレンジ系の筋が入っていて、秋っぽい色合い。

味はカスタードプリン。

ほんのりとやさしい甘さのプリン味。

おいしいけど、ちょっと薄味かな~。

濃い味が好きな人には物足りないかもしれません。

初めて口に入れたときは「もう少しはっきりした味だとよかったな」と思ったけど、これくらいが飽きがこなくて食べやすいです。

甘さ控えめなので、口の中がベタつかないのも◎

賞味期限は2019年の11月まで。

HPを見てみても、どの商品も製造から1年くらいが賞味期限のようです。

容量、容器

購入したのは雛(ひいな)というミニサイズ版。

手のひらサイズの硬いプラスチックのケースに入っています。

蓋はパチンと閉まるタイプではないので、開封したあとバッグの中に入れると中身がこぼれるため要注意。

私は1個だけ購入したので、このままビニールの小さな手提げ袋に入れてもらって持ち帰りました。

2個、3個、5個買う場合は無料で箱をつけてもらえるみたいですよ。

内容量は10g。

「秋のシャンゼリゼ」は11粒入ってました。

お値段

ミニサイズの雛(ひいな)は1つ、388円(税込)。

お店のHPには「秋のシャンゼリゼ」のページがないので、同じ形状の飴との比較になりますが大きいものだと40g入りで648円(税込)。

ミニサイズは割高だけど、色んな味をちょっとずつ試したいときにはいいですね。

購入できるお店は?

「京あめ クロッシェ」のお店は本店、京都タワーサンド店、ジェイアール京都伊勢丹店の3店。

本店限定、伊勢丹限定の飴もあるようなので、四条方面に足を運ぶなら本店。

便利なのは駅からすぐの京都タワーサンド店、伊勢丹店といったところでしょうか。

品揃えは伊勢丹の方がよかったと思います。

ただ、伊勢丹の地下の食品売り場は夕方以降に行くと混んでることが多いので、ゆっくり選ぶなら京都タワーサンド店がいいかも。

オンラインショップや催事での出店もされているようなので、京都に行く予定がない人も購入できます。

→【京あめ クロッシェ】

本店

京都市下京区綾小路富小路東入塩屋町69

営業時間 10:00~19:00

定休日はお店のHPで確認してください。

京都タワーサンド店

京都府京都市下京区東塩小路町721-1(京都タワービル 1F)

営業時間 9:00~21:00

ジェイアール京都伊勢丹店 京あめクロッシェ袿(うちぎ)

京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹 B1

営業時間 10:00~20:00

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク