アイシャドウを使ったネイルアートのやり方

まぶたでは派手だったアイシャドウや、古いけどなんとなく捨てられない アイシャドウを使ってネイルアート に挑戦。

ネイルポリッシュ(マニキュア)向けの記事です。

記事で使用しているもの

  • ネイルポリッシュ
  • トップコート
  • アイシャドウ

私は指でアイシャドウを塗っていますが、ネイルアート用の筆やアイシャドウチップでも◎

やり方

  1. ベースのポリッシュを塗る
  2. ポリッシュが乾ききる前にアイシャドウを指に取り、ぽんぽん乗せる
  3. 余分な粉を払って、トップコートを塗る

★余分な粉はネイルアート用の筆やティッシュなどで表面を軽く撫でる程度でOK。

★アイシャドウを塗ってすぐはしっかり発色してパンチのある仕上がりになりますが、トップコートを塗ると優しい発色になります。

根元汚くてすみません…。

キレイに仕上げるポイント

ポリッシュを塗って1分ほど経ってからアイシャドウ塗る

ポリッシュが乾ききる前ってどれくらい?って話ですが…。

ポリッシュによって乾く時間に差があると思うけど、私は1分ほど放置しました。

塗りたてだと表面がベッタベタで、せっかく塗ったポリッシュがぐちゃぐちゃになります。

つまようじなどで目立たないところを触ってみて、ちょっと跡がつくぐらいのタイミングで塗るのがオススメ。

アイシャドウは優しく塗る

アイシャドウを塗るときに強く押し付けると下のポリッシュに指紋がつきます。

優しく、軽く、ぽんぽんっと叩くくらいでOK。

筆だったら触れるか触れないかぐらいのフェザータッチで!

余分なアイシャドウを落としてからトップコートを塗る

アイシャドウを塗り終えたら、指、筆、ティッシュなどで余分なアイシャドウは払っておく。

余分な粉を払わずにトップコートを塗るとダマができてしまい、見た目が悪くなります。

トップコートを塗るときも優しく

爪の表面を擦るようにトップコートを塗ると筆の跡が残る可能性があります。

トップコートはたっぷり取って表面に触れるか触れないか…ぐらいのフェザータッチで塗る。

終わりに

記事の途中でも書きましたが、トップコートを塗る前と塗った後ではアイシャドウを塗った部分の見え方がガラッと変わります。

まぶたに塗ると派手な大粒ラメもネイルに使うとさりげなくなるので、ベースにはラメ・パールが入っていないポリッシュを使う方がアイシャドウのラメを楽しめてオススメです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク